爽朝宣言しじみにんにく卵黄を使うときの注意点!効果的に使わないと損しますよ!

年なんですかね、金曜日の朝がつらいと思っていたころが懐かしいです。
この頃は木曜日から朝がつらくなってしまって…。

 

まだまだがんばらないといけません、助けになるものをいろいろ探して、見つけたのがマイケアの「爽朝宣言しじみにんにく卵黄」です。

 

「オルニチン」「肝臓エキス」「秋ウコン」の3大宴会成分が朝からサポートしてくれます。
さらに「黒にんにく卵黄」、「国産マカ」、「乳酸菌」まで入って、元気をサポートしてくれます。

 

疲れが溜まりがちなあなたへ!「しじみにんにく卵黄」

 

爽朝宣言しじみにんにく卵黄を効果的に使うポイント

  • 「爽朝宣言しじみにんにく卵黄」は取り続けたほうがいい
  • 「爽朝宣言しじみにんにく卵黄」は薬との飲み合わせに注意
  • 「爽朝宣言しじみにんにく卵黄」は適量でないと危険

 

「爽朝宣言しじみにんにく卵黄」は取り続けたほうがいい

「オルニチン」「肝臓エキス」「秋ウコン」は肝臓の働き、特に有害物質の解毒・分解や胆汁の合成・分泌を助けてくれます。
肝臓が元気に働いてくれれば、お酒も残りにくくなりますし、脂っこいもの消化もしやすくなります。

 

この肝臓の働きを助けるためには、時々オルニチンなどを補給するだけでは足りません。
普段から補給しておいて、肝臓の調子がいい状態を維持しておくことが大切です。
肝臓が弱りきっていたら、いざというときに働いてくれません。

 

若い人なら何とかなるかもしれませんが、中高年やシニア世代にはきついですね。

 

肝臓の調子を整えておくためにも、「爽朝宣言しじみにんにく卵黄」は普段から続けたほうがいいです。
1日2粒でしじみ1,800個分のオルニチン、肝臓エキス、秋ウコンなどが補給できます。

 

「爽朝宣言しじみにんにく卵黄」は薬と飲み合わせに注意

「爽朝宣言しじみにんにく卵黄」は食品からつくられているので、薬との飲み合わせが問題になることはあまりありません。
それでも一部のお薬については注意が必要です。

 

ほとんどの場合はお薬と少し時間を空けて飲むようにすればいいのですが、お医者さんからお薬をもらっている方は、念のため相談しておくといいでしょう。

 

「爽朝宣言しじみにんにく卵黄」は適量でないと危険

「爽朝宣言しじみにんにく卵黄」は食品からつくられているので、薬のように量を心配することはありません。
決められた量があるのではなく、目安があるだけです。

 

それでもすぐに元気になろうと一度にたくさんの量を飲むことはおすすめしません。
にんにくはあまり摂りすぎると熱がこもったようになることがありますし、逆にウコンを摂りすぎるとお腹が下ることもあります。

 

しじみにんにく卵黄でのことではないんですが、私飲み過ぎは、どちらもやってしまったことがあるんです。

 

他社のにんにく卵黄を飲んでいた時、元気になった気がして、調子に乗って目安の数倍、手づかみで口に放り込むように飲んだことがあるんです。
何日かしたら頭に血が上るような感じになって、フラフラになってしまいました。
目が飛び出すような感じで、のぼせてしまった感じになってしまったんです。

 

飲む量を減らしたらフラフラは治まったんですけれど、にんにく卵黄の飲み過ぎは危険だってわかったんです。

 

ウコンは、ウコンのドリンク、あれを飲み過ぎてお腹を下してしまいました。
単に便が緩くなるのではなくて、無理やり押し出そうとする感じ、とにかく苦しかったんです。
ウコンも飲み過ぎは危険だと思いました。

 

私の経験上、にんにく卵黄もウコンも飲み過ぎは危険です。
なので、飲み過ぎはおすすめしません。
目安の量を守って飲むのことをおすすめします。

 

一方、飲む量が少なかったり、時々しか飲まなかったりすると、元気を実感できないなんてこともあり得ます。
やはり足りないとそれはそれでもったいないんです。

 

爽朝宣言しじみにんにく卵黄を効果的に使うには

「爽朝宣言しじみにんにく卵黄」は毎日適量を飲み続けるのが一番です。
飲み過ぎてもダメですし、少なすぎてもダメです。
また、健康のためにもお薬との飲み合わせに注意して、心配であればお医者さんに相談しましょう。

 

お得を実感できる「爽朝宣言しじみにんにく卵黄」、ずっと割引価格で続けられます。
しかも、初めての利用なら商品代金全額返金保証までついています。
これなら安心してはじめられますね。

 

疲れが溜まりがちなあなたへ!「しじみにんにく卵黄」